人間中心設計に基づく新たな運転者−自動車系の提案と効果評価

システムから提示される情報がたとえ同じ内容であっても,情報提示法次第でユーザのシステムに対する理解や対応行動に対するモチベーションは変化します.その結果,ユーザの行動が変化することは想像に難くありません.当分野では,生態学的インタフェース設計理論や動機づけなどの心理学の諸説・知見に基づいて,ユーザの行動を適切な方向へ自発的に促すシステム(仕掛け)のあり方について探求しています.

適切な運転行動を促す運転支援システム

  • 生態学的インタフェース設計論によるマルチモーダル車両状態表示
  • 前後加速度・横加速度の指令値が実測値を超えないようにする直感的な操作.

    参考ページ

    図:車両状態表示に基づく操作

  • 衝突回避減速度に基づく前方障害物衝突防止警報システム
  • 従来指標に比べて衝突リスクを適切に評価できる「前方障害物との衝突を回避するのに最低限必要な自車両の減速度」を提示する.

    参考ページ

    図:前方障害物衝突防止警報システム

  • エコドライブ支援システム
  • 過去の燃費データに基づいた目標値を提示し,表示内容と難易度をユーザが決定できることで動機づけが高まる.

    図:エコドライブ支援システム

■キーワード

生態学的インタフェース設計,運転支援システム,人間中心設計,不便益,アフォーダンス,仕掛学,心理学,etc.

References

  • 平岡敏洋, 高田翔太, 川上浩司: 自発的な行動変容を促す安全運転評価システム(第1報)−衝突回避減速度を用いた評価指標の提案−, 自動車技術会論文集, Vol.44, No.2, pp.665-671 (2013) >第64回(2014年)自動車技術会 論文賞受賞(第2報と合わせて)
  • 高田翔太, 平岡敏洋, 野崎敬太, 川上浩司: 自発的な行動変容を促す安全運転評価システム(第2報)−評価システムが運転行動に与える影響−, 自動車技術会論文集, Vol.44, No.2, pp.673-678 (2013) 第64回(2014年)自動車技術会 論文賞受賞(第1報と合わせて)
  • S. Takada, T. Hiraoka, H. Kawakami: Effectiveness of forward obstacles collision warning system based on deceleration for collision avoidance, IET Intelligent Transport Systems, Vol.8, No.6, pp.570-579 (2014) DOI:10.1049/iet-its.2013.0024
  • 平岡敏洋, 西川聖明, 川上浩司, 塩瀬隆之: 自発的な省燃費運転行動を促すエコドライブ支援システム, 計測自動制御学会論文集, Vol.48, No.11, pp.754-763 (2012) DOI:10.9746/sicetr.48.754 2013年度計測自動制御学会・論文賞(友田賞)受賞
  • T. Hiraoka, M. Tanaka, H. Kumamoto, T. Izumi, K. Hatanaka: Collision risk evaluation index based on deceleration for collision avoidance (first report) - Proposal of a new index to evaluate collision risk against forward obstacles -, Review of Automotive Engineering, Vol.30, No.4, pp.429-437 (2009) DOI:10.11351/jsaereview.30.429
  • T. Hiraoka, M. Tanaka, S. Takeuchi, H. Kumamoto, T. Izumi, K. Hatanaka: Collision risk evaluation index based on deceleration for collision avoidance (second report) - Forward obstacle collision warning system based on deceleration for collision avoidance -, Review of Automotive Engineering, Vol.30, No.4, pp.439-447 (2009) DOI:10.11351/jsaereview.30.439
  • T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto: Steering reactive torque presentation method for a steer-by-wire vehicle -Feedback of a lateral acceleration at a center of percussion with respect to rear wheels-, Review of Automotive Engineering, Vol.29, No.2, pp.287-294 (2008)